VBA

VBA (Visual Basic For Application)は、アプリケーションを独自に拡張するマクロ言語用に作られたMicrosoftのプログラミング言語です。同社のプログラミング言語 [Visual Basic] の言語仕様で記述するインタプリタ(逐次実行)言語です。


VBA利用について

■ VBAプログラムの使用

VBA は BricsCAD の 32bit 版 でのみ利用可能です。対象 OS はWindows となります。
また、利用可能なグレードは Pro 以上となります。

VBAプログラムを使用するためには、VBAマクロファイルをロードし、VBA実行コマンドにて実行します。
VBAマクロファイルのロードや実行のためのコマンドを使用するためには、別途VBAのエンジンのインストールが必要です。
また、VBAエンジンをインストールしている場合でも、VBAエンジンのセキュリティ設定により実行できない場合があります。そのときは、セキュリティ設定をする必要があります。



■ VBAプログラムの作成

VBAエンジンをインストールすると、プログラム開発用統合環境を利用することができます。
各種コマンドにて、プロジェクトの作成やプログラムの作成・実行を行ないます。

■ 関連コマンド
  • vbanew
    VBAプロジェクトを新規に作成するコマンド
  • vbaide
    VBAプログラムの開発用エディタを表示するコマンド
  • vbaload
    VBAマクロファイルをロードするためのコマンド
    ファイル選択ダイアログでロードするVBAマクロファイルを選択し、ロードします。
    ダイアログを表示せずに、ファイルパスを指定してロードさせる場合は、コマンド[-vbaload]を使います。
  • vbarun
    ロードされているVBAマクロを実行するためのコマンド
    VBAマクロ一覧ダイアログから選択して、実行します。
    ダイアログを表示せずに、VBAマクロを実行させる場合は、コマンド[-vbarun]を使います。
  • vbaman
    VBA管理コマンド
    ロードされているマクロファイルやプロジェクトの一覧を表示し、VBAマクロプロジェクトの新規作成やロード中のVBAマクロファイルおよびプロジェクトの一覧表示、開発用エディタの起動などが1つの画面から実行できます。